心理学の資格

精神保健福祉士になるには?心理学と福祉が学べる大学通信教育&通信講座

精神保健福祉士の資格と通信講座について。

精神保健福祉士の通信講座

東北福祉大学社会福祉学科(宮城)
東京福祉大学心理学部(東京・群馬)
聖徳大学心理・福祉学部(千葉)
中部学院大学(岐阜)
日本福祉大学福祉経営学部(愛知)合格者数1位!
佛教大学社会福祉学部(京都)
九州保健福祉大学社会福祉学部(長崎)

精神保健福祉士とは?

精神障害者が社会復帰・社会参加をめざす際に専門的な知識と技術を持って具体的な援助活動を行うのが精神保健福祉士です。

精神的な健康を損なうと、当事者だけでなく、さまざまな問題を抱え込むその家族への適切なアドバイスを行うことも重要な役割です。

精神的なフォローを行うソーシャルワーカーとしてその職場は、精神病院、診療所、保健所、精神保健福祉センターや社会復帰施設など、幅広い分野での活躍が期待されています。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士を取得するには、福祉系の大学で 受験資格を取得後に、国家試験を受験し合格することが必要です。

試験科目は精神疾患とその治療、精神保健の課題と支援など計17科目。社会福祉士の試験科目と重複する科目が11科目あるため、科目の履修によっては、社会福祉士と精神保健福祉士の2つの受験資格を取得することも可能です。

精神保健福祉士の受験資格の取得方法

精神保健福祉士のお仕事体験談

精神科で心理カウンセラー+精神福祉士として働いた経験のある女性からの口コミです。

精神保健福祉士と臨床心理士の違いとは

心理学を勉強すると、精神疾患を抱えた人の手助けや相談にのることができる仕事に就きたいと思う方も多いことでしょう。

そのような仕事を希望する方は、精神科に就職することで理想の仕事内容を得ることが可能になります。

しかし、精神科には精神保健福祉士と臨床心理士という一見似通った職種が共存することが頻繁にあります。

精神科での精神保健福祉士も臨床心理士も、精神障害を抱えた方に対する相談や支援が主な仕事ですが、アプローチ方法が異なります。

精神保健福祉士は、精神障害者に対する社会的や生活上のサポート、心理的問題に対する相談や助言を行います。

つまり、彼らの問題解決のために、さまざまな制度や資源などを結び付け、心理面も含めた生活全体をサポートするのです。

一方、臨床心理士も精神障害者に対するさまざまな問題の解決を手伝いますが、心理的側面に焦点を当て、カウンセリングやさまざまな心理療法を通して、彼らの考え方や感じ方などを変化させ、より適切な心理状態に導くことで人間的成長を図ることが目的です。

精神科に勤務する精神保健福祉士の仕事内容

精神科で働く精神保健福祉士の仕事は、多岐に渡ります。

その内容は病院によって異なりますが、主に、精神的な問題を抱えており、受診をしたいという新患さんによる電話や対面での受診相談や、初診時に医師が診察する前の初回面談などがあります。

なぜ、初回面談を行うかというと、新患さんの主な訴えや彼らの環境などを大まかに聴き、治療における信頼関係を築くとともに、医師が診察する際に、彼らの全体像を理解しやすくなるという長所を持つためです。

また、外来だけではなく、入院した患者さんに対する入院届などの書類の作成や家族との連絡調整、悩みや問題などの相談や支援を行い、社会復帰ができるようサポートをします。

さらに、退院し、地域社会で生活している方に対して、日常生活上で抱える社会的・心理的問題の相談にのり、場合に応じて適切な福祉サービスを提供できるよう準備を整えることなどが主な仕事となります。

精神科勤務希望なら精神保健福祉士の資格が強みに

精神保健福祉士は、医療と福祉、保健分野にまたがる国家資格です。

精神科では、病院の規模に応じて、精神保健福祉士の配置義務があるために、病院内にこの資格保持者の配置が不足してしまうと、法律違反になってしまいます。

そのため、精神科には必須な職種です。

どうしても精神保健福祉士の資格保持者は絶対数が少なくなりますので、病院によっては、求人を出してもなかなか応募が来ない状況ということもあります。

精神科は、さまざまな背景を持つ患者さんがいますので、その分支援も大変なときがありますが、資格を取得して役に立つことは多いので、精神科勤務希望の方は精神保健福祉士の資格が強みとなってくれることでしょう。

おすすめ通信制大学

おすすめ通信制大学

日本福祉大学

精神保健福祉士、社会福祉士、合格実績がダントツの1位です。

インターネットで授業が受けられます。自宅のパソコンだけでなく、タブレットPC、スマホでの受講も可能、いつでも、どこでも勉強できます。

忙しい社会人が働きながら、主婦が育児をしながら、勉強との両立ができます。

⇒日本福祉大学(社会福祉士・精神保健福祉士の通信制大学.com)

口コミ・評判

口コミ評判

精神保健福祉士の資格は比較的新しい資格なので、狙い目の福祉系資格です。社会福祉士の資格も取得していたほうが就職に有利!!
YAHOO知恵袋より

社会福祉士の資格をとって精神障害を持つ方がおられる施設で働いていましたが、もっと奥まで学びを深めたいと思い、精神保健福祉士の資格をとることにしました。
勉強の内容は濃いしかなり難しい試験でしたが合格し、改めて利用者の方と接してみると、専門的な知識を身に付けることができている分、自分に自信が持てるようになりましたし、相談にも積極的にのることができるようになりました。
発言小町より

家族に精神障害を抱えるものがいたので、自然と精神障害を抱える人を助ける職業につきたいと考えるようになりました。 精神保健福祉士の国家資格があることを知り、大学卒業の年に受験して見事合格することができました。
保健センターで暮らす方を支援したいと思い就職しましたが、精神障害を持つ方や制度を十分に理解していなければ難しいと思われる事例も多く、資格をとってよかったです。とてもやりがいのある仕事に毎日燃えています。
教えて!gooより

精神保健福祉士の求人は、インディードやハローワークと言った大きな求人サイトを中心に探しました。キーワードに『精神保健福祉士』と入れて検索をかけると、結果がすぐにわかるので毎日のようにチェックしていました。 また、グーグルやヤフーなどの検索エンジンに、そのまま『精神保健福祉士 仕事』『心理職 応募』などのワードを入れて調べると、心理職ばかり集めた仕事サイトが見つかることもあるので、パソコンの“お気に入り”に入れ、よく利用していました。まれに、臨床心理士の募集に精神保健福祉士の資格でも可能、と書かれている場合もあるので、心理職全般で探す方が良いと思います。
発言小町より

精神保健福祉士の通信講座

東北福祉大学社会福祉学科(宮城)
東京福祉大学心理学部(東京・群馬)
聖徳大学心理・福祉学部(千葉)
中部学院大学(岐阜)
日本福祉大学福祉経営学部(愛知)合格者数1位!
佛教大学社会福祉学部(京都)
九州保健福祉大学社会福祉学部(長崎)